映画『L-エル-』公開直前!あらすじと曲を少しだけご紹介【Acid Black Cherryの音楽を実写化】

Acid Black Cherry

スポンサーリンク
アドセンス

映画『L-エル-』とは?

『L-エル-』は、2016年11月25日から同年12月15日まで全国で公開予定の映画。

劇場一覧はこちら

Acid Black Cherryの音楽が映画の原作

この映画は、大人気ロックバンド「Acid Black Cherry」のアルバムが原作。4枚目のオリジナルアルバム『L-エル-』をもとにして作られた映画です。

『L-エル-』は、20万枚以上も売れている大ヒットアルバム。

ファンからの熱い要望を受け書籍化もされており、

  • Amazon書籍総合ランキング2位
  • 同エンターテインメント部門1位
  • 5刷の重版(2016年現在)

など、書籍としても大ヒットを記録しています。

国内初!音楽アルバム実写化の映画

映画『L-エル-』は、音楽アルバムをもとにして製作された作品。音楽アルバムを実写化した映画は国内初。

これまで相当な数の映画が作られてきましたが、音楽アルバムを実写化した映画は『L-エル-』が初めてなんです。

この映画の監督は、下山天さん。

  • B’z
  • サザンオールスターズ
  • EXILE
  • KinKi Kids

など、数々の有名アーティストのミュージックビデオを手がけてきた大ベテラン。

国内初ということで他に例がないので、『L-エル-』がどんな作品になるかイメージしづらいですが、ミュージックビデオの世界観って、音楽の実写化(映像化)に近いものがあると思うので結構期待できそうですね。

  1. アルバム=聴く
  2. 本=読む
  3. 映画=観る

今回の映画化によって、『L-エル-』は3つの楽しみ方ができる作品になりました。映画の世界観に期待すると共に、この作品がきっかけでAcid Black Cherryのファンが1人でも増えることを願いたいですね。

『L-エル-』の出演者紹介

映画『L-エル-』の出演者を一部ご紹介。

広瀬アリス

広瀬アリス

本物の愛を求めてさまよい、波乱万丈の人生を歩む女性「エル」役。本作の主人公。

古川雄輝

古川雄輝

エルに恋する絵を描くことが大好きな少年「オヴェス」役。

スポンサーリンク

『L-エル-』のあらすじ

『L-エル-』のあらすじを少しだけご紹介。(書籍版を参考にしているので、映画版では若干異なるかもしれません)

1.「両親との幸せな日々」

エルは、「ラビアン・ローズ」という街で生まれた。ラビアン・ローズは、周りが大きく海に面した辺境の地にあり、冬が長く、海水のせいで農作物や花などの植物がほとんど育たないところだった。そのため街の風景は味気なく、「色のない街」と呼ばれていた。そんな街で、エルは両親にたっぷりの愛情を注がれて何不自由なく幸せに暮らしていた。

2.「エルとオヴェスの出会い」

オヴェスは人が来ることのない場所、色のない街にある丘にいつも絵を描きに行っていた。街で絵を描くと、みんながバカにして笑うからだ。ところが今日は、いつも誰も来ない丘に人が来ている。見知らぬ女の子が両親と一緒に。3人は歌ったり、踊ったりして楽しそうに過ごしている。オヴェスは、自分だけの神聖な場所が汚されているようで嫌だった。でも、気にせず絵を描くことにした。夢中で絵を描いていると、不思議と周りの様子も気にならなくなった。すると、突然声をかけられる。先ほどの女の子だった。女の子の名前はエル。オヴェスは、エルの無邪気な笑顔に恋をした。

3.「両親の突然の死」

エルが9歳になる日、両親はエルが大好きなシンデレラの絵本をプレゼントするために海の向こうの街に渡る。色のない街にはまともな本屋がなかったからだ。しかし、その帰り不幸にも船舶事故に・・・。エルは自分の誕生日に両親を亡くしてしまう。

4.「親戚との絶望の日々」

孤児となったエルは、同じ色のない街にいる遠縁の親戚に引き取られ、叔父・叔母・その一人娘の3人と同居することになった。そこでの毎日は苦痛ばかりだった。叔父は優しかったがエルを性の対象として見ており、叔母とその娘は嫉妬心からエルに辛く当たっていた。9歳までとは違い、エルは泣いてばかりの絶望の日々を過ごしていた。

5.「エルとオヴェスの別れ」

親戚との地獄のような日々の中でも、一つだけエルを救ってくれるものがあった。それは、色のない街にある丘でオヴェスと過ごす時間。オヴェスはいつもエルに絵を描いてくれた。ところがある日、エルがいつものようにオヴェスに絵を描いてと頼んでも、なぜか断られてしまう。理由はわからなかったが、エルはオヴェスに嫌われたと思ってしまう。月日は経過しエルが20歳になったとき、ある選択を迫られ、色のない街「ラビアン・ローズ」を出ていくことに。そして、エルとオヴェスは離れ離れになる・・・。

Acid Black Cherryのアルバム『L-エル-』の曲紹介

映画『L-エル-』の原作、Acid Black Cherryのアルバム『L-エル-』から曲を一部ご紹介。(本当は全曲ご紹介したかったのですが、動画があるものだけになっています)

『君がいない、あの日から・・・』

離れ離れになってもエルを一途に想い続けるオヴェスの愛のメッセージ。悲しくも、純粋で深い愛情が感じられます。

『Greed Greed Greed』

Greed(強欲)でも、欲しいのは「愛」だけ。「ただ愛されたいだけ」というエルの願いが込められています。

『黒猫 〜Adult Black Cat〜』

この曲と映画『L-エル-』の関係は映画にて。

『INCUBUS』

エルの人生を色濃く表した曲。PVのストーリー・歌詞ともに映画の予習になる曲です。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで最新情報を